2010年01月31日

RD-VH7PC修理

AMラジオを録音したいと思い前から目をつけていた
RD-VH7PCオークションで手に入れた。

「ジャンク、動きません。」
オークションには書いていた。
業者らしい、
おそらくろくに動作確認をしていないだけかな?
写真では電源が入っている。
最悪、genoマザーで鍛えた技で修理しようと思い落札。

着いて、確認すると、
電源は入る。
ボタンがきかない。
フロントがゆがんでいる。
ケースに凹みがある。
ボリューム付近のプラスチックが欠けている。割れている。(欠けた部品は中で『からから』している。)。

ばらしてみる。
CIMG5327.jpg


とりあえず、一通りを確認。
特におかしそうなところはない。
チップがイカレテいる?
それだとお手上げ。

わからないので組み立てなおそうとする。
フロントパネル基盤をはめようとした時、
CIMG5328.jpg

基盤が動く。
動く?


良く見るとボタンがついている基盤が折れかけている。
CIMG5332.jpg

なんとなくわかった。

落としたな。
フロントパネルから。
それで、ボリューム付近が陥没してプラスチック部分が割れて、一気に基盤まで折れた。
一瞬で折れた感じ。
1mくらいの高さ?

おそらく運ぼうとして落としたんだろう。
まあ、納得。

で、もう一度観察。
基盤は単層。
表面の配線が断線しているだけ。

いける。

というわけで、絶縁部分を削り、がっちり動かないようにはんだを盛る。
盛れないところは、配線を回す。
最後は、グルーガンを山盛りにして固定。。
CIMG5334.jpg

組み立てなおして、
動作確認。
動いた。

次に表面の凹みをたたき出して直す。
さらに磨いて鏡面化。
完成。

と思いきや、CD-ROMが認識されない。
・・・・・・・・
なんだかな。

時間がないので、次に続く。
posted by attyu at 12:15 | Comment(1) | TrackBack(0) | つくりもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
友人に破壊されたので(笑)似たような状況から修理を試みている者です。
フロントパネルのボタン類の基盤がどうしても外れないのですがどのように外しましたか…?
かなり昔の記事ですのでもしわかったらで構いませんのでご教示願います…!
Posted by asa at 2016年04月04日 23:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。